漢方News

お病気・病名・症状で検索

「腰痛」の記事一覧

漢方処方にて腰痛などの関節の痛みが改善する理由

腰痛などの関節痛が起こる原因は多々ある。現在西洋医学的治療としては内服で痛み止め、外科的療法として牽引、温熱・赤外線療法、ヒアルロン酸注入、水を抜く、手術などがあり、温熱・赤外線療法以外は対処療法的治療である。骨の構成成分を含まない漢方処方がどのように骨・関節に働きかけるのかを漢方理論と痛みの原因から検証し、ここに報告する。

痺れもなく順調です

【女性49歳No.5964】痺れもなく順調に過ごしています。もう暫く飲んだ方が良いですか?【漢薬局から患者さんへ】痺れが再発しない為にも漢方治療を進めて行きたいと思います

以前より痛みが軽くなっています

【女性46歳No.7418】痛みが軽くなっています。同じ姿勢や寝る時間が長いと痛むことがあります。まだ漢方薬は飲んだ方がよいでしょうか?【漢薬局から患者さんへ】痛みが軽くなられて良かったですね。糸練功の合数は、前回の5.6合から6.5合に順調に推移しています。まだ7合にも至っていません。

排便時の痛みもなく奥の方の鈍痛も良くなって

【女性48歳No.3224】排便時の痛みもなく、奥の方の鈍痛も無くなり良くなっています。化膿している感じもありません。ただ、いくら気をつけていても便の出始めが固くなる時があり、その時はウォシュレットを使用した時にヒリヒリとした痛み(表面的な痛み)が走ります。毎日出来るだけ野菜や海藻などを摂るようにはしていますし、便を柔らかくするお薬も併用しているのですが・・・

安定しており状態良く過ごしています

【男性45歳No.4006】今は腰の痛み(腰痛)はほとんどありません。おかげさまで安定しており、状態良く過ごせています。【漢薬局から患者さんへ】痛みはほとんど無いようですね。ようやく安定して症状が無くなり本当に良かったです。症状に変化等ありましたら、何でもご気軽にご相談ください。

階段の上り下りは普通に出来るように

【女性48歳No.587】この1ヶ月で、随分痺れの様子が変わってきたように思います。痺れのタイツでもはいたように広がっていた感じが、少しずつ下がってきている気がします。また、足全体どこを掴んでも、筋肉自体が痺れてだるい痛みや電気が走るような不快感が常にありましたが、いつからか、かなりグッと力を入れて掴んでもほんの僅かに痺れを感じるくらいになりました。

身体が随分軽くなって楽になりました!

【女性35歳No.3735】痛みは相変わらずあり、体調によってはたまに膝下に冷えを感じ時があります。しかし、身体が随分軽くなってあまり疲れなくなり、以前の状態に近づいたようで楽になりました!有難うございました。【漢薬局から患者さんへ】身体が軽くなり、あまり疲れなくなったのですね。漢方がとってもよく効いたのでしょう。良かったですね。

以前より出来ることが増えました

【女性63歳No.3653】右が痛かったり左が痛かったり。良いか悪いかわからないです。以前は重いものが持てなかったり、草むしりをするとすぐ立てなかったが、今は楽です。出来ることが増えました。【漢薬局から患者さんへ】右が痛かったり左が痛かったりと、まだ痛みは出ているようですが、以前よりは出来る事が増えてきたのですね。