漢方News

お病気・病名・症状で検索

「逆流性食道炎」の記事一覧

逆流性食道炎に関して

逆流性食道炎とは胃から分泌される胃酸が、食道に逆流することで、食道の粘膜を刺激し傷つけることで起こる炎症を言います。逆流性食道炎は、食べ物や胃酸が逆流しないように閉まっているはずの噴門が何らかの原因で開くことにより、胃の内容物が食道に逆流して胸焼けなどの症状を起こす。

気持ち悪さも長く続かなくなりました

【女性71歳No.6150】今月は2回ほど調子が悪くなりましたが、その他は、体調良く過ごせました。この少商攘の気持ち悪さも以前よりは、長く続かなくなってきています。Date:2012/06/19【当薬局から患者さんへ】胃の調子が日毎に良くなって来ていますね。合数が7合に上がるまでは、調子の良い時と悪い時の波がやって来ます。調子の悪い波が来た時は、粉薬を飲む際に生姜の量を増やしたり、お水でご服用下さいね。早く回復しますよ。

もう忘れるほど楽になりました

【女性52歳No.1664】食道炎の方は、もう忘れるほど楽になりました。更年期障害の方は、まだのぼせと汗とイライラがあります。【当薬局から患者さんへ】調子が良い様ですね。更年期のイライラには、漢方薬に加えて葉野菜を多く摂る様にすると良いですよ。普段の養生も大切です。

絶え間ない胸焼けに苦しむ女性_「かけ橋」掲載分

【昭和22年生、女性。No.2617】患者さんは、絶え間ない胸焼けに苦しんでおられた。1年ほど病院に通い治療をしたが改善しなかった。知り合いに紹介されたとの事で漢方治療を希望し来局された。舌は白苔がありやや乾、軟便がち。余り汗が出ず、やや不眠がちである。少陽病中間~やや実証と思われる。

胃弱・少食・下痢・夏バテ・脊中側湾症などの症状_「かけ橋」掲載分

お困りの婦人から相談を受けた。相談中も、10秒に1回ずつ「ゲボッ、ゲボッ」という音が出ていた。その他、胃弱・少食・下痢・夏バテ・脊中側湾症などの症状を訴えられていた。状態に証を捉えた。この漢薬で下痢や食欲不振も改善すると思われた。体力をつける体質改善も併せて取り組む事とした。