輸血をしなくて大丈夫でした

多くの漢方治療歴

漢薬局の多くの患者さんからの漢方治療歴です。
患者さんからの、改善のお声を順次掲載しています。
諦めずに、希望を持って、一緒に考えましょう。

【 再生不良性貧血(赤芽球癆) 】と漢方薬治療による取組み

女性62歳No.6336
輸血の間隔が広がり、今回は輸血をしなくて大丈夫でした。
輸血後のヘモグロビンの下がり方も緩やかに成っています。

Date:2013/01/17

漢薬局から患者さんへ

輸血の間隔が空いてきて良かったですね。糸練功でみると、順調な滑り出しです。全体が4合を超えると、明らかな改善が見え出すと思います。更に7合を越すと、安定した状態に近づきます。
御無理をせずに、苦い・アク(玄米も)の有るものは減らし、他は何でも食べて下さいね。

体調は非常に好調です

女性63歳No.6336
血液検査でフェリチンが大幅に下がっています。赤血球も上がってきて、体調は非常に好調です。漢方薬が効いているのだと思います。

Date:2013/02/15

漢薬局から患者さんへ

調子が良くなって良かったですね。赤血球や血色素等も下げ止まってきています。まだ白血球が少ないようですが、本来のお病気では白血球は下がらないと思われますので、新薬の影響かと思われます。白血球が上昇しない時は、様子をみて漢方薬でも対応していきますね。

再生不良性貧血(赤芽球癆)-もっと改善が早くなると思います

女性63歳No.6336
身体もきつくありません。上り坂でもきつくありません。輸血もしていません。

Date:2013/03/15

漢薬局から患者さんへ

非常に良い状態へ改善して来ています。おそらく2ヵ月後には、全てのチェックポイントが7合を越して来ると思われます。
食養生ではピーナッツの薄皮や干し蒲陶(レーズン)を少し毎日摂られると、もっと改善が早くなると思います。

病院のお薬も飲んでいません

女性63歳No.6336
輸血もしなくて良くなりました。病院のお薬も飲んでいません。
臨床検査の結果も良くなっています。体調も凄く良く、疲れもしません。

Date:2013/04/13

漢薬局から患者さんへ

体調が良くなって良かったですね。糸練功の合数も順調に改善しています。糸練功結果の厚みが+(3)有りますので、もう少しお病気に勢いがあると思われます。
まだ手を抜けません。2~3ヶ月すると厚みが±(1)以下になると思います。その後は、もっと再発防止の治療法に切り替えていきますね。

再生不良性貧血(赤芽球癆)-全て数値が改善されていました

女性65歳No.6281
赤血球、ヘモグロビン、ヘマトクリット全て数値が改善されていました。体調はお陰様ですごく良いです。食事が美味しいものだからつい食べ過ぎて体重が増えました。

Date:2015/11/21

漢薬局から患者さんへ

血液検査では赤血球、血色素、ヘマトクリットとも順調に改善がみられます。今のペースで正常値まで上がると良いですね。
食事が美味しく食べられるのは幸せですね。お飲みの煎じ薬は胃腸機能が強くなりますので段々沢山食べられる様になって来ます。1回の食事量が多くなって来ましたら腹八分目を心掛けて下さいね。

血液検査は改善しています

女性64歳No.6336
12月に輸血をした限りでその後は輸血をしていませんが、血液検査は改善しています。

Date:2014/03/08

漢薬局から患者さんへ

輸血をしなくても、血液検査が改善してきて良かったですね。今日は糸練功の見方を変えて経別脈診を行い処方を組み直しました。
お出かけ等でもし煎じ薬を2回に分けて飲む時は、同時に服用する粉薬も1包半づつお飲み下さいね。
錠剤は煎じ薬と時間を離し、午前中に1回、午後から1回飲まれると良いですよ。

再生不良性貧血(赤芽球癆)-順調に改善していますね

女性64歳No.6336
体調は良いです。病院は1ヶ月に1度だったのが6週間に1回で良くなりました。

Date:2014/07/15

漢薬局から患者さんへ

血液検査の結果も4ヶ月間順調に改善していますね。良かったです。このままの処方で正常値になるまで持って行きましょうね。
苦い物やアクのある物は貧血の時は余りよくありません。苦い物と毒消しをするのは、海産物です。海産物(特に内臓ごと食べられる小魚、海藻類)を多めに摂られると良いですよ。

小走りも少し出来る様になりました

女性66歳No.6281
赤血球が3.01でもう少しで正常値です。ヘモグロビンも今まで最も良い数値でした。
病院のお薬は飲んでいません。漢方薬だけです。小走りも少し出来る様になりました。

Date:2016/02/19

漢薬局から患者さんへ

赤血球もヘモグロビンも非常に改善してきています。良かったですね。本来は漢方薬の分量を減らす時期ですが、このままの状態で治療を継続したいと思います。
もっと改善が進み安心な日々を過ごせる様になると良いですね。これからも改善のお手伝いをさせて頂きますね。

最後に

当薬局では、治療を継続中あるいは検討中の方に少しでも勇気と希望を持っていただきたく、漢方治療歴を順次掲載しています。
諦めずに!1人じゃないですよ!希望を持って、一緒に病を治していきましょう。