やっぱり肺が綺麗になってきている

多くの漢方治療歴

漢薬局の多くの患者さんからの漢方治療歴です。
患者さんからの、改善のお声を順次掲載しています。
諦めずに、希望を持って、一緒に考えましょう。

【 非結核性抗酸菌症(肺MAC症) 】と漢方薬治療による取組み

女性74歳No.7392
やはり寒くなって来て咳が酷いですが、レントゲン写真は以前と比べたら綺麗になってきました。以前はカラオケに行っても咳が出て最後まで歌えなかったのですが、今では最後まで歌いきることができます。
やっぱり肺が綺麗になってきているのかなって思います。漢方薬も色々試してみたいので、変更の漢方薬内容でお願いします。

Date:2019/11/28

漢薬局から患者さんへ

以前に比べてレントゲンや肺の調子がとても良くなってきているようなので、私達も嬉しく思います。
寒くなって来て少し咳が酷くなってきているとの事なので、煎じ薬を今回より咳をメインとした漢方薬に組み直しました。やはり湿度が低くなると、咳・痰が酷くなる可能性があります。引き続き潤いのある海藻類(ワカメやあおさ)や蜂蜜を多めに摂ることを心掛けて下さいね。

非結核性抗酸菌症(肺mac症)の菌が2ヶ月出ていない

女性60歳No.7759
病院に行った時に菌が2ヶ月連続出ていないと言われました。お蔭様で菌が消失するところまで改善できました。空気が乾燥した時に少し咳が出ますが、普段はもう出ません。痰が少し張り付いた感じはします。あと、夕方に身体が怠くなる時もあります。

Date:2020/01/08

漢薬局から患者さんへ

菌が2か月連続出ていない事は良かったですね。こちらでの治療は、

  1. 咳・痰などの症状の改善
  2. 菌の消失
  3. レントゲン検査による肺の影の消失です。

喉の痰の張り付きの原因は、肺マック菌だけでなく、自律神経やアレルギーが原因の場合もあります。微熱が出ない・夕方の怠さが改善されてきましたら、喉の痰の張り付きをしっかり治して行きたいと思っています。

非結核性抗酸菌症(肺mac症)の影が薄くなっていてホッとしました

女性58歳No.6698
いつもお世話になっております。咳や痰の量も少なくなってきていると思います。日常生活でもあまり気にならなくなってきました。冬場、このまま少ない状態で過ごせればいいなと思います。
12月下旬のレントゲン検査では、8月に増えていた影が少し薄くなっていてホッとしました。喀痰検査では、微量ですがまだ菌はいるそうです。少しずつでも良い状態になると嬉しいです。

Date:2020/01/09

漢薬局から患者さんへ

レントゲン検査で影が薄くなっていたのですね。本当に良かったです。痰や咳も少なくなってきている様なので安心しました。これからもっと改善しますように引き続き漢方薬とご養生を続けて下さいね。一番の養生は風邪を引かない事です。空気が乾燥し寒さもまだ続きます。お風邪をめされないようお気をつけ下さいね。

最後に

当薬局では、治療を継続中あるいは検討中の方に少しでも勇気と希望を持っていただきたく、漢方治療歴を順次掲載しています。
諦めずに!1人じゃないですよ!希望を持って、一緒に病を治していきましょう。