以前のように痰が絡む事はないです

多くの漢方治療歴

漢薬局の多くの患者さんからの漢方治療歴です。
患者さんからの、改善のお声を順次掲載しています。
諦めずに、希望を持って、一緒に考えましょう。

【 非結核性抗酸菌症(肺MAC症) 】と漢方薬治療による取組み

女性58歳No.7030
喉がイガイガする事はありますが、以前のように痰が絡む事なく酷くはないです。
前は痰の色が濃かったのですが、最近は痰が出ても白っぽくて、これは痰かな?と思ったりするほどです。

Date:2018/06/27

漢薬局から患者さんへ

咳・痰は随分良くなられましたね。痰の色が黄色から白色になったのは、肺の炎症が治まって来ていると思います。
菌が減少すると炎症も落ち着いて来ます。来月の検査結果で菌が減っていると良いですね。

非結核性抗酸菌症(肺MAC症)からの熱も夕方で36.4℃で平熱でした

女性39歳No.7527
痰は大分減りました。熱も昨日の夕方は36.4℃で平熱でした

Date:2019/02/21

漢薬局から患者さんへ

夕方の微熱は落ち着いて来ましたね。痰もようやく減って良かったです。体力が消耗すると夕方の微熱が出て来ます。体力が消耗する原因は他も考えられますが、肺からの可能性が高いと思います。
微熱が落ち着いて来ましたので肺の状態は改善されていると思いますよ。このまま治療を進めて行きましょうね。

非結核性抗酸菌症(肺MAC症)の症状は調子が良いです

女性39歳No.7527
咳・痰は調子が良いです。微熱は測ってませんが、多分大丈夫です。

Date:2019/12/17

漢薬局から患者さんへ

咳・痰、微熱が治まり良かったですね。お飲みの漢方薬は、肺や気管支の炎症を取り、菌をやっつけます。体力もついてきます。
食養生としまして、バラ科の果物(りんご、スモモ、さくらんぼ等)、蜂蜜、ほうれん草や小松菜など火を通して食べる緑色の濃い野菜、を積極的にお召し上がり下さいね。

最後に

当薬局では、治療を継続中あるいは検討中の方に少しでも勇気と希望を持っていただきたく、漢方治療歴を順次掲載しています。
諦めずに!1人じゃないですよ!希望を持って、一緒に病を治していきましょう。