漢方News

お病気・病名・症状で検索

「治療経過 かけ橋」の記事一覧

2ヶ月前に発作を起こし、1ヶ月前まで入院_「かけ橋」掲載分

2ヶ月前に発作を起こし、1ヶ月前まで入院していた。顔が赤く発色し、舌には白苔があり、内熱が窺える。現在の症状は降圧剤ノルバスクを服用した状態で血圧130-80。便秘が有りプルセニドを服用している。不眠症が有り、発作後より、ふらつきと右膝下から右足指先へ痺れがあるとの事。アスピリンを服用している。

安定剤の投薬を受けているが、良くならない_「かけ橋」掲載分

不定愁訴を訴えての相談を受けた。現在病院で安定剤の投薬を受け服用しているが、良くならないとの事で相談に来られた。患者さんは多彩な症状を訴えられた。不眠症、両方の肩こり、立ち眩み、足がガクガクする、疲労感、車を降りると動悸がするなどである。生理痛があり、便秘がちである。手掌は発汗し交感神経の興奮が強いと思われる。また朝方は調子が悪く鬱証に特異の日内変動が見られた。

妊娠不可能と言われた婦人が妊娠_「かけ橋」掲載分

不妊症の相談を受けた。相談時37歳の女性である。結婚して9年になるが妊娠しない(不妊症治療)との事。病院での検査では卵管が狭く妊娠しないと診断を受けたそうである。その後、婦人科で治療を受けているが現在まで妊娠していないとの事。患者さんは中肉中背、色白。当薬局では今まで卵管問題で妊娠不可能と言われた人を多く妊娠させている。この脾の異常は卵管に異常が有り妊娠しない人に共通の反応である。

眩暈は川の流れのような感じだと訴えられる_「かけ橋」掲載分

数年前よりめまい(眩暈)がするとの事。眩暈は川の流れのような感じだと訴える。発作は年に3~4回あり、発作の時は動悸が激しくなり、眩暈と同時に食べた物を全て吐いてしまうとの事。吐瀉を伴う眩暈で最初に考えられるのは、内臓の冷えが原因である胃寒の証が考えられる。現在の病態を説明し、クロレラにより内臓が更に冷え、酷くなる事を説明しクロレラを中止させる。

肝機能改善目的で肝細胞の破壊を止める煎じ薬

B型・C型混合肝炎に肝臓癌が出来た主婦の方。検査数値上では肝硬変もあるようである。癌に対しては手遅れで抗癌剤の服薬もできない状態との事。糖尿病もありインシュリン16単位を注射している。初回、肝機能改善目的で肝細胞の破壊を止める煎じ薬、癌に対する免疫力増強目的でK菌糸体製剤。腫瘍に対しポリープ等の塊を取る働きのある粉剤を投与。

病院で診断を受け、余命3ヶ月と言われた_「かけ橋」掲載分

来局時、82歳。病院で診断を受け、余命3ヶ月と言われたとの事。漢方でどうにか出来ないかとの相談。現在、ホンバン錠と前立腺肥大による排尿障害に対しハルナールを服用中である。前立腺肥大には病院の薬を継続して服用するよう指示し、当薬局では免疫力をつける治療に専念する事とした。

激しい発作を繰り返す女の子_「かけ橋」掲載分

当時9歳の女の子がお母さんに連れられ来局された。女の子は激しい発作を繰り返しているとの事。西洋医学の治療を続けているが発作が止まらず、この子の将来を心配され漢方治療を希望された。糸練功で確認すると、胆の強い瀉を確認。心包と大腸にも瀉を確認。胆瀉を改善する煎じ薬を、心包瀉に対し脳内電圧を発散する丸剤を投与する。

肛門が出ていて痛く、中に入らなくなってしまった女性_「かけ橋」掲載分

肛門が出ていて痛く、中に入らなくなってしまった女性より相談を受けた。相談を受ける3年位前にも肛門の痛みが出ていたとのこと。糸練功で確認した所、原因となる肛門の瘀血(古血)の反応を確認する。痛みを取る為の煎じ薬を選薬し、原因となる肛門の瘀血(古血)には、瘀血改善剤を選薬し養生と共に様子を見て貰う事とした。

出産後より肛門が出て、排便の時は必ず脱出_「かけ橋」掲載分

患者さんは出産後より肛門が出て、排便の時は必ず脱出するそうである。出血と痛みが酷いと訴えられる。問診の結果、血圧は最高96・最低50、低血圧症である。生理は順調で生理痛も無い。冷たい物を摂ると下痢をし易い、あまり汗は掻かないそうである。舌診では薄い白苔があり、やや湿り太陰病位を窺わせる。