漢方News

お病気・病名・症状で検索

「治療経過 かけ橋」の記事一覧

食べ物や入浴で酷くなる_「かけ橋」掲載分

皮膚の痒みが酷く、特に腹部の赤味が気になるという相談を受けた。1歳頃には症状が出ており、ステロイド軟膏と保湿を病院の指示で行うが悪化。別の病院の指示で入浴を控え、少し安定してくるが、食べ物により悪化してしまう状態が続いているとの事。糸練功にて、胃の陽証に属する皮膚の証を確認した。

右目を失明したご婦人から相談_「かけ橋」掲載分

右目を失明したご婦人から相談を受けた。左目はレーザー手術で視力0.8眼圧12にまで回復した。その時に中等度の白内障もあると言われた。眼科医より、白内障は手術を勧められた。漢方薬を服用してから2週間位で、太陽が光だけではなく、太陽の本体(丸い部分)がはっきり見えるようになった。また5円玉と50円玉の区別も付くようになってきた。

右肩から手先にかけての痛みと痺れ_「かけ橋」掲載分

患者さんは49歳の男性。昨年9月より全身に痛みが有り、寝返りも出来ない状態。特に首から肩にかけて痛みが酷い。夜も痛くて眠れない。非常に酷い状態で苦しそうである。現在まで針、お灸、整形外科と治療をしてきたが、全く効果がなかったと言われる。現在は整形外科の鎮痛剤を服用中である。身長162cm、体重56㎏。舌に歯切痕があり水滞が認められる。

痒みの酷い小児湿疹_「かけ橋」掲載分

湿疹-小児科や漢方皮膚科などでステロイド治療、漢方治療をされていらっしゃったが、1年半経過しても痒みのある湿疹が改善されず来局された方からのご相談。お伺いするとトイレや着替えの着脱する際に痒みが伴い、掻いてしまう事で、より症状が酷くなっている様だった。皮膚そのものは、少しアトピー肌の様ではあるが、大して酷い感じは無かった。肌の体質改善とトイレや着替えの際に掻いてしまう衝動を同時に改善出来るように治療を進めていった。

円形脱毛症を漢方で克服_「かけ橋」掲載分

円形脱毛症-コメカミ辺りから後頭部に掛けて抜け毛が拡がって来た男性からご相談を受けた。糸練功にてお調べした所、中焦の熱証と解毒証体質の2種類の治療点を確認する。20代の頃からお酒をよく飲み、睡眠時間がとても短い中で仕事に行かれている事が分かった。お酒は勿論だが、甘い物全般を控えて頂き、漢方薬とご養生にて治療を開始した。

手術しかないと言われマーカーの数値も少しずつ改善_「かけ橋」掲載分

女性から相談を受けた。当薬局にご相談される1週間前には手術しかないと言われマーカーの数値も少しずつ上昇していた。治療2ヶ月目にはアミラーゼの数値が450から53まで下がり体調も良いとの事だった。半年した頃には、大きさは変わらないが、マーカー、アミラーゼ共に正常値まで下がっていた。

夜になると息苦しさが出てしまう。年齢も考え_「かけ橋」掲載分

過労により倒れてから胸の痛みが出てしまい、夜になると息苦しさが出てしまう。年齢も考えご相談を受けた。胸や肺の痛みに自律神経のアンバランス証を確認し、婦人科では血熱血虚証を確認する。自律神経のアンバランで捉えた証の体質は、優しい方が多く、その優しさが自らを苦しめる症状として出てしまう。

数年前の咳が嘘のように_「かけ橋」掲載分

当薬局へご来店される3~4年前に診断され、その後病院での治療をせずに過ごされている女性からご相談を受けた。糸練功にてお調べした所、少陽の虚+肺の乾燥証を確認した。体質改善力が高い煎じ薬に肺の乾燥を改善する薬味を加え、筋や神経の収縮、緊張を緩める薬方をお出しした。喉や肺の乾燥を取る薬味を加えるため煎じ薬でお作りした。 漢方治療は薬味の調節などをしながら進めていった。その結果「数年前の咳が嘘のよう」と喜ばれていた。

顔面麻痺や物が2重に見えるなどの後遺症が残る_「かけ橋」掲載分

鼻水が出てくる為、風邪かと思っていたが、次の日から目が動かなくなってしまった。ギラン・バレー症候群と似たような症状が出る眼科性の麻痺の一つと分かった。症状は5ヶ月から6ヶ月程で出なくなり、再発も無いとの事だが、顔面麻痺や物が2重に見えるなどの症状が残る事があり、体質改善に漢方治療をされた。この方の脾虚改善に用いた煎じ薬は脳卒中に用いる漢方薬の元となる薬方になり、後世方の医家により名前を変え、若干の薬味を変更した古くからある漢方処方だった。